乾燥肌とニキビの関係

乾燥肌にニキビはなぜできる?

隠れ乾燥肌、インナードライでなぜニキビができるんでしょうか。

 

思春期のニキビは成長ホルモンが刺激を与え、皮脂の分泌が活発になることが主な原因です。

 

乾燥がバリア機能の低下をまねく

一方、大人ニキビの場合は矛盾しているようですが肌の乾燥がニキビの原因の一つなのです。

 

肌が乾燥すると、乾燥から肌を守ろうと皮脂の分泌が過剰になったり、ターンオーバーの乱れから角質が厚くなって毛穴がふさがってメイクや汚れ、皮脂などが詰まったりでニキビの出来易い環境になってしまいます。

 

乾燥は肌のバリア機能を低下させ、外部の刺激を受けやすくなります。肌にもともとある水分も蒸発しやすくなりますます乾燥が進んでしまう、という負のスパイラルに陥るのです。

 

バリア機能を回復させようと、表皮細胞の生成が活発になるのですが、通常より短いサイクルでターンオーバーが行われるため、未熟な細胞がどんどん作られてしまいます。

 

未熟な細胞ではバリア機能を果たせません。水分は蒸発し、紫外線などのダメージもますます増えて乾燥を防ぐどころか、悪化するばかり。

 

ニキビも直りませんし、ニキビ痕や黒ずみ等も…

 

肌のタイプに合ったスキンケアが必要!
「乾燥肌用のケアをしていなかった。」今までのニキビケア化粧品が合わなかった原因の一つが、これだったみたいですね。

 

余分な皮脂を落とそうと、洗浄力の強い洗顔料で何度もあらい、保湿にはさっぱりタイプのローションを付けていました。

 

そうではなく、洗顔は必要な皮脂を残して汚れだけを落とすもの、保湿は徹底的に潤いを与えるようなものを選ばなくてはいけなかったようです。

 

 

乾燥肌とニキビの関係関連ページ

ニキビケア化粧品・効果
インナードライ〜乾燥肌

このページの先頭へ戻る