ニキビの原因あれこれ

原因を取り除けばニキビは直る

ニキビケアを行なっているのに、気がつけばさらに悪化してしまっている事例がよくあります。

 

これは、間違ったニキビケアを行なっているからという点に尽きます。正しいニキビケアの方法をすれば、ニキビはちゃんと治ってくれます。

 

なぜニキビが出来るのか、原因をきちんと知ることで正しいニキビケアが出来るというものです。

 

ニキビの原因あれこれ
大人ニキビでは一番の原因は肌の乾燥です。乾燥すると過剰に皮脂が分泌されたり、角質が厚く古くなり毛穴をふさいだりしてニキビの出来易い環境を作ってしまうため。

間違った洗顔

 

間違った洗顔方法も肌の乾燥を招くので、ニキビにはよくありません。

 

洗顔料やニキビケア化粧品が原因で悪化していることもあります。

 

一般的な洗顔料は洗浄力の強い合成の界面活性剤が配合された物が多く、注意しないと肌のバリア機能まで取り去ってしまうので、ニキビが悪化することもあります。

 

化粧品に関しても、乳液などはニキビを悪化させることもあるので、注意して使用する必要があります。

 

また、皮膚科にニキビの相談に行った場合でも、医師からよく指導されるのが生活習慣の改善。特に多いのが、睡眠です。

 

睡眠と肌の関係は深く、しっかりとした睡眠をとらないと、ターンオーバーが正常に行われなくなりがちで、ニキビが悪化していきます。

 

寝不足や、不定期な睡眠にならないように睡眠を管理することが、ニキビケアでも大事です。

 

その基本を抑えずに、殺菌したり薬を塗ったり等でなんとかしようと思っても、なかなか治らないことも多いです。

 

入浴でストレス解消、良質の睡眠を!

さらに、ストレスも大人ニキビの大きな原因となっています。ストレスホルモンの分泌や、フリーラジカルの過剰な発生で肌が傷つきニキビが出来易くなりがちです。

 

ストレスを減らしたり、ストレスを回避するようにすることもニキビケアには重要です。ゆったり入浴してリラックスするのも良いですね。!


このページの先頭へ戻る