毛穴の詰りがニキビを作る

毛穴の詰りと洗顔方法

毛穴が汚れていたり、詰まっていたりすると、ニキビができてしまいます。

 

ニキビは毛穴が詰まった時に、行き場を失った皮脂がたまり、アクネ菌が増えてニキビができるという仕組みとなっています。

 

毛穴の汚れを取り除き、詰まりを解消して、アクネ菌に栄養を与えないようにすることが大切です。

 

洗顔料は、肌の汚れを落とし、毛穴のつまりを解消してくれる手っ取り早い方法なので、ニキビ対策として有効ですが、洗顔方法によっては、肌から必要なものまで奪ってしまうというデメリットもあります。

 

洗顔方法の間違いが乾燥の原因

洗浄力の強い洗顔料で何度も顔を洗うと、肌にはバリア機能として皮脂が必要なのですが、その皮脂を必要以上に取り去ってしまいます。

 

必要以上に皮脂を取り去ると、体が皮脂が足りていないと判断し、そこの部分からいつも以上に皮脂が分泌されるようになってしまいます。

 

そうすると、さらに洗顔する回数が増えてしまい、段々と肌にダメージが蓄積し、肌が駄目になってしまうという悪循環に陥る場合もあります。

 

洗浄力の強すぎる洗顔料を利用したり、洗顔を1日に何度もするのは避ける方が良いです。

 

特に、自分はあまり肌が強くないと思っている人は、洗浄能力も強くない洗顔料を使わないと、肌が弱って逆にニキビができてしまう事態となることもあるので注意が必要です。

 

毛穴の詰りがニキビを作る関連ページ

角質が厚くなり毛穴をふさぐと…

このページの先頭へ戻る