アクネ菌は肌を守る?

アクネ菌は肌に必要な菌でもあります

アクネ菌は誰の肌にも常駐しています。ニキビの根源でもありますが、実は肌を弱酸性にして守る働きもしているのだとか。

 

アクネ菌は空気に触れると死んでしまうことから、空気のない毛穴の奥を好んで潜んでいます。
皮脂が大好物で、汚れや皮脂が毛穴に詰まると大量に増殖し、ニキビを引き起こします。

 

毛穴の奥のアクネ菌は汚れが大好き

アクネ菌はニキビを引き起こすだけでなく、皮脂を分解して炎症を起こす成分を作りだす点で厄介です。

 

炎症が起こってしまうと、外見的に赤く腫れて目立つようになってしまいますし、治りも遅くなります。
場合によっては、皮膚の深い部分にまで浸透し、キズをつけることで、跡になってしまうこともあります。

 

アクネ菌は面倒な細菌なので、なるべく減らしておくにこしたことはないです。

 

ただし、あまり強い殺菌成分のものでアクネ菌を殺菌すると、肌に常駐している他の菌も殺してしまうことになる点に注意が必要です。

 

細菌の中には、肌を美しく維持してくれている細菌などもあり、強い殺菌成分で殺菌を
行なうと、そういった肌に必要な菌まで殺菌してしまいます。

 

余分な菌のみを殺菌してくれるような洗顔料を使うなど、殺菌成分に関してもよく調べてから使用すると、適切なニキビケアができます。

 

また、アクネ菌が大きな炎症を起こすのが、ニキビが潰れてしまった時です。アクネ菌が生成した成分などが、ニキビが潰れると一気に広がり、炎症を拡大させてしまいます。

 

ニキビが潰れないように、保湿を心がけるなどしておくと、炎症が広がることを防ぐことができます。


このページの先頭へ戻る